私のダンスノート My Dance Notebook


 ダンス用語集 (ナ行 265~278)
 
  凡例  人物 
    フィガー名集
    省略記号 
     
    索引
私のダンス用語ノート

  
265 ナチュラル(Natural) 
ダンスにおける右回転のことで、前進のときは右よりも左側が大きく進み、後退では左よりも右側が大きく進みます。 ➡《443》
266 ナチュラル・ウェイブ(Natural Wave)
  • 「リバース・ウェイブがあるならナチュラル・ウェイブもあるんじゃない?」と考えるのですが、滅多に耳にしませんしテキストにも載っていません。しかし、1994年NHK のレッツ・ダンスの中で、当時の世界チャンピオンのジョン・ウッドとアン・ルイス組が、『ナチュラル・ターンの3 歩をオーバーターンし、男性が左足からイン・ラインで3 歩後退するこの3 歩がナチュラル・ウェイブ』—— と紹介していました。
  • この踊り方は、ナチュラル・ウェイブの名前こそ出ていませんが、
    (1) ポピュラー・バリエーションのフォー・ウェイブスの中にも含まれています。 
    (2) リバイズド・テクニックの、カーブド・フェザー〜バック・フェザーのアマルガメーションのひとつとして紹介されています。
    (3) ハワード氏のエクステンディド・リバース・ウェイブの注記にも含まれています。
267 ナチュラル・オープニング・アウト・ムーブメント(Natural Opening Out Movement)
クローズド・ヒップ・ツイストやスパイラルの1〜3歩の動き。
268 ナチュラル・スピン・ターン(Natural Spin Turn) 【W/Q】
ワルツとクイックステップで使われる6 歩構成の基本フィガーで、1〜3歩目はナチュラル・ターン、4 歩目はピボット(女性はピボッティング・アクション)、5 〜6 歩目はスピンをします。
269 ナチュラル・ターン(Natural Turn) 【ST】
スタンダード・ダンス全般で使われる6 歩構成の基本フィガー。アマルガメーションの説明などにおいては、前半の3歩のみをさす場合が多々あります。ブルースのナチュラル・ターンはナチュラル・ターン前半と右へのシャッセで構成されています。タンゴでは、ナチュラル・ツイスト・ターンを単にナチュラル・ターンという事があります。

270 ナチュラル・ターン・ウィズ・ヘジテイション(Natural Turn with Hesitation) 【Q】
クイックステップの基本フィガーのひとつ。「ヘジテイションが入った」ナチュラル・ターンの意味で、ヘジテイションとは同じ足の上に2拍以上体重が乗るアクション。
  • ナチュラル・ターンとナチュラル・ターン・ウィズ・ヘジテイションの違いは、ナチュラル・ターンでは7歩目が男性左足前進で終わるところを、〜ウィズ・ヘジテイションでは7歩目での体重移動がなく6歩目のそばに寄せられるところです。

271 ナチュラル・ツイスト・ターン (Natural Twist Turn) 【T/F】
6 歩構成の基本フィガー。タンゴでは通常PPで終わりますが、6歩目の終わりで男性が女性に対しスクエアに回り込んで終わる方法もあります。フォックストロットではツイストした後ホバー・フェザーで終わります。
272 ナチュラル・トップ(Natural Top) 【R/C】
ルンバとチャチャチャの基本フィガーのひとつ。ナチュラルは右回転、トップは独楽を意味しています。ISTD とIDTA のテキストにみる踊り方は少し異なっています。

273 ナチュラル・フォーラウェイ(Natural Fallaway) 【W】
フォーラウェイとは「PP で後退する」形をいい、ここでは、オープン・ナチュラル・ターンの3歩目からフォーラウェイになる踊り方。
274 ナチュラル・ロール(Natural Roll) 【S】
サンバの基本フィガーのひとつ。クロース・ホールドで右回転をしながら相手を包み込むように踊る踊り方。二人の反りを合わせて回ります。
  • ロールとはボディ・スウェイとボディ・インクリネーションを駆使するセクシーな動きで、ワルツなどのナチュラル・ターンとは別物の感じが伝わってくると思います。ロールには「転がる」という意味がありますが、俗語で「セックス」の意味があることも知っておくと便利でしょう。

  
275 ニー・バック(Knee Back) 
「ニー」は膝、「バック」は後ろ。ラテン・ダンスで軸足のヒップに体重を乗せ、普通に立つ時より膝がギューっと後ろに入る位に使うことをいいます。
276 ニュー・ヨーク(New York) 【R/C】 
ルンバとチャチャチャの基本フィガーのひとつ。IDTA のテキストでは動きを機能的に表現し、前半(ルンバの場合は1 〜3歩目)を「チェック・フロム・オープンCPP」、後半(ルンバの場合は4〜6歩目)を「チェック・フロム・オープンPP」と表現しています。
  • フィガーの意味は「ニュー・ヨーカーの略でブロードウェイに住む粋な連中のこと」、という説をみたことがあります。そのためか、アメリカではこのフィガーをニュー・ヨーカーともいいます。
  • ニュー・ヨーク都市の元の名は、ニュー・アムステルダム(オランダ領)。1664年英軍に占領されてから、当時の英国国王の弟のヨーク公の名にちなみ、ニュー・ヨークと改称された —— と、司馬遼太郎氏の「風塵抄」にありました。
■1 ニーズ・アップ・マザー・ブラウン(Knees Up Mother Brown)
同名のわらべ歌にあわせて踊るようです。意味は「膝を上げて、ブラウンお母さん」【SS】
   
   

  
(ありません)

  
277 ネック・ロール(Neck Roll) 【Salsa】 
男性が自分の肩にかかっている女性の手の下を、頭を通す動きのこと。

     
278 ノー・スウェイ(No Sway)
「スウェイなし、スウェイを使わない」という意味。ピボット、スピン、シャッセ、ロック・ステップなどでは、基本的にスウェイは使われません。
   
     
 
copyright© Since 2011 Watashinodancenote/My Dance Notebook All rights reserved