September 12, 2011  
     ちょこっと講座
#008 タンゴのアマルがメーション
 
 
先日、妻が教えるサークルに再び顔を出す機会があったので、ちょっとしたタンゴのアマルがメーションを組んで教えてきました。元のアイディアは#007で書いたコーナーを回る方法です。 


1. コーナーに向かって男性左足前進から、右足前進しながらライト・ランジ。これは上級用ですが、まあ、練習しておこうという考えです。(SS)

2. 男性左足に戻ってバック・コルテ(SQQS)

3. 2ウォークスして右足の上でPP(SS&)

4. オープン・プロムナード(SQQS)

5.オープン・プロムナード → スイブル → コントラ・チェックというパターンしか知らない人が多すぎるので、いろんなパターンがあることを知って貰う目的で、この選択肢を入れてみました。

【選択1】 男性は左足に体重移動(S) → 左足に右足を揃えてPPになる(S).。 
【選択2】 男性はオープン・プロムナード最後の右足の上で女性をPPにする(&S)。

6. クローズド・プロムナード(SQQS)

7.2ウォークスで大きく左回転して新LODの中央斜めに進む(SS)

8. PSSリバース・ターンの3歩(QQS)。男性3歩目左足前進(S)は逆LODに。

9. 男性右足前進からライト・ランジ(S)

10.再びバック・コルテ(SQQS)



サークルでも話してきましたが、PSSはプログレッシブ・リンクの原型となるフィガーで、かつてはPSSのバリエーションとしてプログレッシブ・リンクがあった、と言うことをものの本で読んだことがあります。そこで、男性左足からPSSを踊り(QQ)、スクエアのままでの所から、今度はプログレッシブ・リンク(SS)を踊ってみるというアイディアが湧いてきたので、それも教えてきましたが、かなり格好良いです!

さて、男性右足上でPPになる方法、あるいは、PSSリバース・ターンはなかなか見かけないという人も多いかと思うので、元世界チャンピオン、ピーター・エグルトン&ブレンダ・ウィンスレード組によるレッスン・ビデオをユーチューブにアップしました。参考にしてください。
 
  ハッピー・ダンシング! M. Kammoto