February 12, 2012  
     ちょこっと講座
#030 PPにうまく戻れない
 
 

質問:
スローアウェイ・オーバースウェイからPPにうまく戻れません。だから、戻ってからPPで出て行くときも男性とのズレを感じます。解決法はありませんか。(女性)

回答:
スローアウェイ・オーバースウェイはとても人気の高く、サークルでも、必ずと言っていいほど習いますね。美しく踊り、美しく終わるため、「PPにうまく戻りたい」 と考えたのは、とてもよい気づきだと思います。

PPにうまく戻るには、スローアウェイ・オーバースウェイでバランスが取れている事が大事ですから、最初にバランス・チェックをしましょう。あなたの頭は、投げ出された左足の方へ大きなラインを作っていると思いますが、この時、右足バランスにいなければなりません。そのためには、

1.スローアウェイ・オーバースウェイの形のまま、右足ヒールが上がるところを探します。

2.そのまま、ホールドを離しても一人でいられる、大丈夫な所を探します。

スローアウェイ・オーバースウェイの形になって、男性を引っ張るバック・バランスだとこれができませんので、大きなトップを作ることより、バランスを優先させましょう。また、男性のリードでバランスが崩されている場合もありますから、二人でよく話し合いましょう。

そこからPPの形に戻るときの注意点としては、

1.頭から先に戻らないこと。男性とのボディ・コンタクトを外さないようにします。

2.軸足の右足の上を通り越します。

3.左足に乗る時は、一旦スクエアになり、踊り始めと同じ形になったことを確認します。

4.それからPPに。つまり、PPは左足のトウに上がってからPPになります。

PPでは、早くPPになろうとすればするほど、崩れ、かつ、男性の前に出て行ってしまう、と言う原理を覚えておいてください。PPのなり方を正しく処理できれば、次のステップに入っても、男性とのズレは減ると思います。

お手元に、スローアウェイ・オーバースウェイの映像があったら、上記の点を気にしながら、もう一度ご覧になってみてください。あなた自身にもっと適したヒントも見つかるかも知れませんね。

 
  ハッピー・ダンシング! Makoto Kammoto