April 29, 2012  
     ちょこっと講座
#041 コモン・フォールト
 
 


英語のコモン・フォールト(common fault)は、ダンスに限らず様々な分野で使われている言葉で、コモン=よく起こる + フォールト=過ち、の意味です。

社交ダンスでのコモン・フォールトはフットワークの使い方沢山見られます。今回はその幾つかを書き出してみますので、自分ができているかどうか確かめてください。


1.【W】シャッセ・フロム・PP:男性が4歩目左足をヒールから出る
 → (正)トウ・ヒールです。

2.【T】タンゴのクローズド・プロムナード:男女共に1歩目、2歩目をボールから出る
 →(正)両方ともヒールからです。

3.【SF】スローのフェザー・ステップ:女性の前の足のボールが残っている
 →(正)3歩共ヒールです。

4.【R】ルンバの前進ウォーク:男女共にヒールから出る
 →(正)ボールからです。

5.【R】ルンバのホッケー・スティック:女性の1歩目右足を左足後ろに後退する
 →(正)右足は左足に揃えます。


こうしたコモン・フォールトは、初心者には勿論のこと、意外と上級者でも見ることがあります。

しかし、上級者がしているから良いというものではありません。その誤りをすることでムーブメントやリード&フォローに違いが生じるからです。

少しでも綺麗に踊りたいと思っている人や、一つでも上のクラスに上がりたいと思っている競技選手は、こうした誤りを無くす努力をしましょう。

本当に狭い場所や人で溢れているフロアで踊る時は、ある意味、どんなフットワークでも構わないと思います。周囲の人に気を遣いうことが最優先されるでしょうから。

どこか上手くいかない時、新しいフィガーを習った時などは、フットワークの確認をすることをお勧めします。また、疑問に思ったときは先生に、「その時のフットワークは何ですか?」と尋ねる勇気を持ちましょう。

 
  ハッピー・ダンシング! Makoto Kammoto