May 5, 2012  
     ちょこっと講座
#044  ダブル・リバース・スピンの質問
 
 


質問:  
突然お便りをさし上げます。現在ボールルーム・ダンスを楽しんでいる70歳の老人です。昨日、「私のダンス用語ノート」を購入したところ、面白くて一挙に読んでしまいました。

色々の資料をお調べになり、私の知らないことも多く含まれていて大変興味深く、とても勉強になりました。その中の、ダブル・リバース・スピンについて次の点のご見解を伺わせて頂ければ幸いと思い書かせ頂きました。

私がロンドン本社に勤務していた時、会社のダンスクラブでオールド・タイム・シーケンスを習っていました当時に、ダブル・リバース・スピンについて外部講師に質問したところ、「(男性が)左足を前進ターンして右足でスタンディング・スピンをする2歩の間に、女子は倍の4歩を動くのでこの名が付いている。」と言われました。

私は長い間この説明が正しいと思い続けていました。ダンスクラブの仲間も同じことを言っていました。この説明は間違っていたのでしょうか。著書の中でちょっと気になりましたので大変僭越ながら書かせていただきました。 敬具 (MS氏)


回答
お便り有り難うございます。私たち夫婦の本がお役に立っているようでしたら、とても嬉しいです。

さて、お問い合わせのダブル・リバース・スピンの件ですが、なぜそうした名前が付けられたのかは、名付け親のマクスウェル・スチュワート氏から直接説明して頂かない限り真相はわからない、というのが現状だと思います。

私もアクリル氏の説明(*)に出会う前に、「ダブル・リバース・スピンは男性が1度回転する間に女性が2度回転するからだ」との説明を見たことがありますが、男性も女性も1回転しかしていないので、その説明に関しては適当ではないと思いました。

(*)ケン・アクリル氏の “AN ANALYSIS OF THE MODERN QUICKSTEP TECHINIQUIE TO ASSOCIATE LEVEL” の中に書かれている氏の考える、ダブル・リバース・スピンの名前の理由。

そうした中で、アクリル氏の説明は的得ていると自分なりに納得できたので紹介した次第です。決して彼の説明が100%正しいという意味ではありません。

また、あなたがロンドンで受けた説明についての感想を述べますと、“一般的” にフィガー名は男性の踊り方を中心に付けられていますので、もし女性が倍の歩数を踏んでいるのが理由であるなら、フィガー名に「女性の~」の言葉が入っていて良いのではないかと思います。また、仮にそのような単純な理由だったとしたら、ビクター・シルベスターやアレックス・ムーアが彼らの著書のなかで、そうした説明があっても良かったとも思うのです。

しかし、名付け親の説明が見つからない以上、どの説明が正しく、どの説明が正しくないとは誰も言えませんので、私は、一人ひとりが「そうか」と思える説明で良いのではないかと思っています。

それにしても、こうして勉強することは楽しいですね!

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto