June 24, 2012  
     ちょこっと講座
#052   「足型図でうまくなるダンス」の裏ワザ紹介
 
 



先にブログでも紹介していますが、ブログを見ていない人のためにもう一度ご紹介します。

「足型図でうまくなるダンス」をご利用くださっている人で、

「男性と女性の足位置関係はどうなっているのだろう?」

と思ったときには、次の事を頭に入れて読んで下さい。

1.足型図は、できる限り大きく印刷するようにしています。

2.同じフィガーであれば、男女の足型図は同じ大きさで印刷しています。つまり、ワルツのウィスクの場合なら、男女の足型図は同じ大きさに調整し、男女のページ内における図の位置も同じ場所にしてあります。

3.男女の足型図は一緒に踊っている所を想定して描いているので、重ねて男性側から透かして見ると、男女の足の位置関係が分かります。紙の関係上、鮮明には透けて見えませんが、相手との足の位置関係を知りたい場合は、この方法でご利用ください。

4.1升(正方形)が分かるように薄く十字を切ってあります。これを使うと、斜め45度の線を実際に本の中に引くこともできますし、頭の中で描くこともできますから、壁斜めや中央斜めなど、ステップする方向を考える際に役立ててください。


ちなみに、私たちが今までに書いた本や記事で足型図を入れてあるものは、すべて、上の考えのもとに作成してあります。ただ、この位置関係は、歩幅も含め、絶対正しいという訳ではありません。私たち夫婦のレベルで描いていますので、動きの大きな人達やレベルの高い人たちの場合には、多少違う場所に来ることがあると思いますので、あくまでも参考として受け止めてください。

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto