July 09, 2012  
     ちょこっと講座
#055 フォーラウェイ・ウィスク
 
 



先日のサークルで出てきた質問が、タンゴでの「フォーラウェイ・ウィスク」の踊り方でしたが、正直、このフィガーは自分でも苦手意識があるので、次の質問に飛びたい気持ちでしたが、そうもいかないので、どうにかやりましたが・・・(汗)。

そこで今回は、その質問を取り上げ、自分に教える気持ちで書いて行こうと思います。よって、以下は自分に話しかけています。

1.フォーラウェイ・ウィスクはテキストではワルツで出ている。男性の踊り方は、
①左足 LODに後退。右回転を始める.
②右足 中央斜めに向けて横少し後ろにステップ。
③左足 フォーラウェイの形で右足後ろに軽くクロス。体は中央斜めに面している。

*後続はバック・ウィスクの場合と同じで、シャッセ・フロム・PP、ウィーブ・フロム・PP、ウィングなど。

! フォーラウェイ・ウィスクの3歩目は、どこかで特殊な形をイメージしていたが、プロムナード・ポジションであることに変わりない事を再認識しよう。そうすれば、右肩の力も抜けるだろう。

! よって、必ずしもスピン&ピボットにつなげようとする必要はない。


2.次に、昔、自分で翻訳しておいた、ポピュラー・バリエーションに出ているワルツでのフォーラウェイ・ウィスクのパターンを勉強しておこう。

W21

リバース・ターンのオープン・フィニッシュ ~ フォーラウェイ・ウイスク ~ プログレッシブ・ウィング ~ テレマーク

 

Reverse Turn With Open Finish – Fallaway Whisk – Progressive Wing – Telemark

 

万人向けの新しいタイプのバリエーション。難しいバリエーションではありませんが競技会で多く使われています。中央斜めに始めます。

 

 

 

1-4.

リバース・ターンの4歩を踊り、LODに背面します。

1.2.3.1

5.

左足 ほんの少し左回転しながら、横にステップします。(トウ)

2

6.

右足 女性のアウトサイド、逆壁斜めに前進。体重を後ろに保ち、右スウェイをかけます。(トウ、フラット)      (オープン・フィニッシュ)

3

7.

後ろの左足に体重を戻します。女性がアウトサイド、LODの方へ出てきます。

1

8.

右足 右回転しながら横少し後ろへステップし、中央斜めに面します。(女性は左足を、男性の前を横切って大きく横へステップします。)

2

9.

左足 軽く右足後ろにクロスして、フォーラウェイ・ウイスクの形になります。右スウェイをかけ、左足ヒールにロアーします。 (女性は左足ボールで回転し、軽く右足を左足後ろにクロスします。ポイズはしっかり後ろに保ちます。)

3

10.

右足(女性は左足) PPで中央の方へ前進します。(ヒール)

1

11.

左足 中央斜めに向けて横へステップ(ボール)。(女性は右ショルダー・リーディングを使い、右足を斜め前にステップ。次に男性の左アウトサイドに出る用意をします。(トウ))

2

12.

右足 ボディを僅かに左回転しながら左足後ろにクロスし、右スウェイをかけます。 (女性は左足を、男性の左アウトサイドに前進。ポイズをしっかり後ろに保ちながら左回転を続け、中央斜めに背面します)。(トウ)(プログレッシブ・ウィング)

3

13-15.

左足 女性の左アウトサイド、中央斜めに前進してクローズド・テレマークに入ります。

1.2.3

 

 ~ ナチュラル・ターンにつなげます ~

 

 

3.質問に出た、タンゴの踊り方をヒルトン組のビデオで勉強しよう。これによると、壁斜めに入り、次の進行方向を取りやすくしている。だから、無理にテキスト通りにLODに沿って踊り、そのままLODに沿ってスピン&ピボットをしようと思わないこと。【ビデオで勉強


 以上、自分のための「ちょこっと講座」でした(汗)。

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto