ちょこっと講座
#086 女性のためのレッスン2
素の自分を捨てる!
 
 

February 23, 2013

#086 女性のためのレッスン2
    素の自分を捨てる!


女性は、綺麗に踊れるよう、フロアの上ではシンデレラに変身したままでいましょう。

とても一生懸命にレッスンを受けているのに、さほど成果の上がらない人達に共通しているのは「いつもの自分」を通し続けていることです。素のままの自分で、日常生活の延長で踊っているのです。

しかし、フロアに立つことも、恋人でも夫でもない人と肌触れ合うこと自体が非日常なのですから、その非日常の中に飛び込んだにもかかわらず、自分を何も変えないで上手くいく訳がありません。

確かに、自分は自分でしかありえませんが、自分を演出することが大切です。

「ステップもよく知らないのに、そんな気持ちになれない」 ― という人もいるでしょうが、こんな例を考えてみませんか?

●あなたは今、ファッションショーに出ています ―― さあ、その場で歩いてみてください。

どうでしょう、時代の先端を行く素晴らしい衣装を身にまとっていなくても、ファッションショーの歩き方を習っていなくても、それっぽい歩き方、仕草をしませんでしたか? けっしてテレテレ、ドタドタ、どうでもいい歩き方はしなかったと思います。

●もう一度やってみましょう。あなたは、ある大きな集まりに招待された世界的に有名なファッション・モデルです。今、MCがあなたを呼びました! 

さあ、あなたは会場の中央に颯爽と出て行きましょう!


さっきよりも、シャキッと、堂々と歩いて行くことができたと思いますが、どうでしたか? あなた自身が本当に有名なファッション・モデルでなくても、気持ちを変えることで自分を演出できる、と言うことが分かったと思います。

ダンスを踊ろうとするのではなく、演劇部に入ったと思い、気持ちを変えて自分を演出すると ― 踊りがついてきます。

上手になりたい人は、だまされる価値がある筈です。
勿論、男性の人も、この方法を使ってください

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto