ちょこっと講座
#093 女性のためのレッスン9 
    借りをしない生活
 
 

April 13, 2013


#093 女性のためのレッスン9 
    借りをしない生活



あなたの周りもそうだとは限りませんが、私の周りでは、初心者からかなりのベテランと思われる女性でも、自分のバランスを男性に委ねている人を多く見かけます。


ものすごく上手になっていくと、ボディやテンションを相手に与えることによって自分もその分相手から受ける ― そうしたものもあるのでしょうが、そのレベルではない私は、残念ながらその話はできません。


しかし、入門者や初心者や多少の経験者レベルでは、相手に借りを作らない踊りを目指すことを強くお薦めします。


どういうことかというと、相手を押さない、引っ張らない ― つまり、自分の足の上に立ち、自分のバランスで踊るという事です。


例えば男性が顔から突っ込んで前進してくると嫌でしょうし、あなたを引き倒すように後退されるのも嫌だと思いますが、同じ事を女性のあなたもしないという事です。


多少の経験者になると大きなラインで踊りたくなるでしょうが、どの1歩でも「借りを作っていないか」と確かめながら踊ってみてください。「踊りやすくなったね」、「バランスよくなったね」と驚かれることまちがいありません。


「何をして上手になったの?」と聞かれたら、その時は「ちょこっと講座を読んだの」と、ためらわずに答えていいですよ(笑)。

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto