ちょこっと講座
#113 スリップ・ピボットとリバース・ピボットの違い
 
 

August 31, 2013


#113 スリップ・ピボットとリバース・ピボットの違い


質問
ワルツなどで使われるスリップ・ピボットとリバース・ピボットはどう違うのですか? 私には同じに思えるのですが。


回答
スリップ・ピボットは「フォーラウェイ・リバース&スリップ・ピボット」として知られていますが、このフィガーの最後の1歩がスリップ・ピボットです。しかし、疑問に思われたように、スリップ・ピボットもリバース・ピボットの仲間なのです。

では、違いを見てみると、スリップ・ピボットはフォーラウェイの形から入るのに対し、歩リバース・ピボットは、通常スクエアから入ります。また、リバース・ピボットでは男女が同じタイミングでピボットするのに対し、スリップ・ピボットでは、始めに女性が、次に男性がリバース・ピボットを踊ります。このときの男性の移動距離が通常のリバース・ピボットよりわずかに長くなっているためスリップ・ピボットとなっているようです。


スリップ・ピボットの男性の踊り方として、オリバーは「ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」中で、こんなアドバイスをしています ― 「男性は2 歩目右足トウの下にコインがあると想像し、それを4 歩目のスリップ・ピボットまで引きずって行きます」 ― と。きっと役に立つと思いますので、試してみてください。

 
  ハッピー・ダンシング!  神元 誠/Makoto Kammoto