#427 Q48 タンゴのフットワーク「足のIE」

 

Q48 タンゴのプログレッシブ・リンクの男性のフットワークについて教えて下さい。

①1歩目左足は、CBMPに前進(H)
②2歩目右足、PPで横少し後ろへ(足のIE。左足BのBのIE)

と記載されていますが、2歩目の(足のIE)は(足のIE、H)でないのはなぜですか?
女性2歩目の説明には「左足、PPで横少し後ろへ(BのIE ,H。右足BのIE)とあります。(大阪 女性)

 

 

 

 

#427 Q48 タンゴのフットワーク「足のIE」

 

回答(A48)

これは拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス」をお持ちの方からの質問でしたので、最初にその部分を切り出してみましょう。

 

 

⬛男性2歩目のフットワーク

1⃣ 「足のIE(= Inside Edge of Foot / FootのIE)」では、最初に足裏(親指から踵まで)のインサイド・エッジを使います。すると、自ずと足裏全体に体重移動するため、フットワーク表記としては「足のIE」だけになります。

これは、タンゴの場合、ヒールから前進するステップでは体重がヒールから足裏全体に移動するので、フットワークを「H」とだけ表記するのと同じ考え方です。

 

2⃣ この「足のIE」を「足のIE~WF」と表記することもできます。
手元の資料では、英国のダンス協会、ISTDは「足のIE(= IE of F)」の表記を使っています。IDTAも同じ表記を使っていましたが、2011年版は「IE of F to whole F and IE of B LF(足のIE、WH。左足ボールのIE)」に変更されています。

 

3⃣ でも、ご質問にあるように「足のIE~H」にはなりません。なぜなら「足のIE」を使った時点で既にH部分が床に着いているからです。

 

4⃣ 参考までですが、男性が2歩目で「IE」を使わないと切れの悪い動きになります。そして、2歩目のIEを使うためには、1歩目左足の膝を使います。

 

 

 

🔴女性のフットワーク

女性のフットワークについても書いておきます。

 

1⃣ 1歩目のフットワーク「BH」なのは、右足後退の瞬間に「B」を使い、次に「H」をおろしながら左足を送る作業をするからです。

右足Bで後退し、ヒールをおろさないまま2歩目にステップする女性が多くいますが、ムーブメントを損ないますので、注意しましょう。

 

2⃣ 2歩目のフットワーク「BのIEで床を押さえた後H」も、「BのIEで床を押さえた後H~WF」と表記することもできます。
英国のダンス協会、IDTAの2011年版は「IE of BH to whole F and IE of B RF(BのIEで床を押さえた後H~WH。そして、右足BのIE」に変更されています。

 

3⃣ 2歩目で体重が乗っていない方の足は、男女とも「BのIE」です。これは「H」に降りることのないフットワーク、即ち、体重を乗せない形ですが、床に対するプレスはあります。こうした「BのIE」では、「H」が単に床から浮いている状態から更に上に、「グッ」と持ち上げる気持ちを持つとよいでしょう。軸足の体重の乗りがはっきりしますし、女性の場合は右サイドのラインがより綺麗になるでしょう。試してみて下さい。

 

 

勉強されていて、うれしいです。

ハッピー・ダンシング!

#379 Q47 ターンした後に相手の手を取れない

 

Q47. ラテンのステップの流れで、その場でターンした後にリーダーとホールドしようとするのですが、ホールドを上手く捕らえられずにズレてしまいます。半身ズレていたり、お互いの正面を向けなかったりです。コツはないでしょうか? (千葉県 女性)  続きを読む

#374 きちんと上手になるために その6.ネックの返し方

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#373 きちんと上手になるために その5.秘密の練習3

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#372 きちんと上手になるために その4.秘密の練習2

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#371 きちんと上手になるために その3.秘密の練習1

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#370 きちんと上手になるために その2.ノー・フット・ライズはどう踊るの?

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#369 きちんと上手になるために その1.回転量の得方

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えることと上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。 続きを読む

#365 Q45 ボムシェルの踊り方を教えて下さい

 

#365 Q45 ボムシェルの踊り方を教えて下さい

続きを読む