#178 ブルースのフィガー 15.クロスオーバー・アンド・トゥインクル

 

#178 ブルースのフィガー
15.クロスオーバー・アンド・トゥインクル
(Crossover & Twinkle)

女性のスイブルが入っている大変優雅なフィガーです。クロス・シャッセと同じように始まりますが、女性をPPにするという、ブルースでは珍しい形が出てきます。お勧めの一品です。

(※拙書では「クロスオーヴァー」と表記しています)

続きを読む

#177 ブルースのフィガー 14.ピボット・ターン・アンド・トゥインクル

 

#177 ブルースのフィガー
14.ピボット・ターン・アンド・トゥインクル
(Pivot Turn & Twinkle)

ナチュラル・ピボット・ターンをテンポを速めて踊り、そこからトウィンクルに入ります。スピード感溢れる、違うパターンの踊り方が楽しめます。速いテンポですが、必死な顔は見せないで踊りましょう。

(※拙書では「ピヴォット」と表記しています)

続きを読む

#176 ブルースのフィガー 13.ライト・サイド・シャッセ・アンド・トゥインクル

 

#176 ブルースのフィガー
13.ライト・サイド・シャッセ・アンド・トゥインクル
(Right Side Chasse & Twinkle)

ライト・サイド・シャッセにトゥインクルを組み合わせた踊りです。基本のライト・サイド・シャッセからも踊れますが、ここでは工夫を凝らした左回転を加え、トウィンクルで右にほぼ1/2回転する形にしてみました。

続きを読む

#175 ブルースのフィガー 12.リバース・ピボット・ターン・アンド・クロス・シャッセ

 

#175 ブルースのフィガー
12.リバース・ピボット・ターン・アンド・クロス・シャッセ
(Reverse Pivot Turn & Cross Chasse)

リバース・ターン前半とクロス・シャッセの間にリバース・ピボットをくわえた、かなりテンポの良いフィガーです。こんなに楽しいステップがブルースにあるのかと感心させられます。

続きを読む

#130 ブルースのフィガー 11.サイド・ステップ

 

#130 ブルースのフィガー
11.サイド・ステップ(Side Step)

混雑したフロアで動けなくなった時やぶつかりそうになった時、ただ呆然と立ち止まってしまうのではレディが可哀そうです。そんな時、このステップを活用してください。踊り方はボックス・ルンバのサイド・ステップの要領です。

続きを読む

#126 ブルースのフィガー 10.クロス・シャッセ・アンド・トゥインクル

 

#126 ブルースのフィガー
10.クロス・シャッセ・アンド・トゥインクル(Cross Chasse & Twinkle)

初心者用の踊りを突然抜け出たような、ハッとする変化を与えてくれる楽しいフィガーです。ぜひ覚えて使ってください。こんなフィガーを使って踊っていると、男性も女性もブルースのエキスパートになった喜びを感じることでしょう。

続きを読む

#125 ブルースのフィガー 9.オープン・リバース・アンド・ライト・サイド・シャッセ

 

#125 ブルースのフィガー
9.オープン・リバース・アンド・ライト・サイド・シャッセ
(Open Reverse & Right Side Chasse)

タンゴのオープン・リバース・ターン(レディー・アウトサイド)の前半と、男性後退からの右へのシャッセが組み合わさっています。1歩目前進(女性は後退)がクイック・カウントで始まる意外性が楽しいフィガーです。

続きを読む

#124 ブルースのフィガー 8.トゥインクル

 

#124 ブルースのフィガー
8.トゥインクル(Twinkle)

これはトゥインクルと呼ばれるフィガーの基本形です。単純なステップですが、的確なリードができるようになるまで多少時間を要するかも知れません。トゥインクルには踊りにおける軽快な足捌きの意味があります。

続きを読む

#123 ブルースのフィガー 7.クロス・シャッセ

 

#123 ブルースのフィガー
7.クロス・シャッセ(Cross Chasse)

サイドへのステップから前進(女性は後退)の動きに変わるリズミカルなフィガーで、ともすれば単調になりがちなブルースに変化を与えてくれます。初めのうちは僅かに左回転すると踊りやすいでしょう。クロスとは、交差したり横切るような動きで、このフィガーではシャッセの最終歩で交差する動きをしています。

続きを読む

#122 ブルースのフィガー 6.ライト・サイド・シャッセ

 

#122 ブルースのフィガー
6.ライト・サイド・シャッセ(Right Side Chasse)

中央斜め、または壁斜めに進んで行けるブルースの基本フィガーです。ただ壁斜めに入る場合はLODに逆行するので、他のカップルとぶつからないように注意が必要です。サイドへのステップは軽やかに。ロボットのように見えないようにしましょう。 チュラル・ターンの後半にも男性が後退からの同じステップが入っています。

続きを読む