#263 急いては事を仕損じる(女性の美しいPPのなり方)

Spread the love

 

ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げて行きます(全30話)。第14話は「急いては事を仕損じる」のコラムを掘り下げ、(女性の美しいPPのなり方)を考えます。

 

#263 急いては事を仕損じる(女性の美しいPPのなり方)

ワルツ編⑧ホバー・トゥ・PP ~ ⑨ウィーブ・フロム・PPで書いたコラムを掘り下げます。

 

 

✅女性はPPになりたく…ない?

女性は全身を耳にして、男性のボディから伝わるリードのメッセージをキャッチしようとします。これはとても繊細で大変な仕事ですが、踊りの中で「次はPPになる」と感じても、できるだけ「PPになりたくない」と思いましょう。

 

こう書くと、(男性も含めて)たくさんの人から

👩👨「なんで!」

と反発する声が聞こえてきそうですが、これこそが、私たちが考える🌟美しいPPになる秘訣💫です。

 

 

✅典型的な3つのタイプ

実は、女性の中にはリードを感じると

  • 素早くPPになってしまおう」とする人や、
  • リードのあるなしに関係なく習ったルーティン通りに踊り、覚えた場所でさっさとPPになりたがる人や
  • 勝負師のように山感を張ってPPになる人

を多く見受けます。

 

 

✅実験

さあ、いつものように実験をしてみましょう。今回は、

  • 「早くPPになろう」と、
  • 「PPになりたくない、なりたくない」

の二つを、サークルで踊って実験してみましょう。勿論、「PPになりたくない」では「PPにならない!」と抵抗してはなりません。

 

   ■結果は?

こうして二通りの踊り方を比較するとよく分かったと思いますが、女性は自分からPPになろうとするのが早ければ早いほど、男性の左サイドの方に近寄ってしまいます。

これでは美しいPPとは言えません。美しい形は、男性の右腕の深い所にあるときだからです。

 

では、なぜ「早くPPになろうとすると、男性の左サイドに寄って」しまうのでしょう? 不思議ですよね?

 

理由は、「PPになろうとするのが早いほど」女性の左トウが内側に向きプロムナード・ポジションへとボディに右回転を起こさせるです。

男性より早くPPになるので、男性の左サイドに寄ってしまうのです。

 

 

✅美しいPPになる秘訣

以上の説明から、女性は自分から進んで早くPPになろうとしないことが賢明と分かって頂けたと思います。

ですから、女性は「PPになりたくない、なりたくない」と呪文のように唱えながらステップしましょう。

そうすると、左トウが内側へ向くのが遅くなり、男性とスクエアでいる時間が長くなります。

そして、男性からのリードが伝わってきたら、その最後の最後で「仕方がないからPPになってあげるわ」位の気持ちで(でも、嫌そうな顔はしないで)、ネックだけ返してみましょう。周りで見ている人もビックリするほどの美しいPPが出来上がります!

 

 

 

✅素敵なプレゼント💖

このコラムは「ホバー・トゥ・PP」と「ウィーブ・フロム・PP」の頁に掲載しましたが、この美しいPPのなり方は当然他のPPになるフィガーで使えます。そして、勿論、スローやクイックステップ、タンゴでも使えます。

忘れてならないのは、「PPエンディング」でも使えるということです。

 

つまり、ホバー・トゥ・PPでPPになり、そこからウィーブ・フロム・PPを踊ったとします。すると、ウィーブ・フロム・PPの最後(6歩目)をPPで終わることもあります。

その場合も、最終歩の足の上で「PPになりたくない、なりたくない」と唱えていると、🌟美しいPPエンディング💫が出来上がります。

 

自分のことを「せっかちで、すぐPPになろうとしてしまう」と分析している人は、プレゼントを頂くシーンを考えてみてください。

 

誰かがあなたにプレゼントを渡そうとしています。あなたは、決して

  • プレゼントが渡されそうになった瞬間に、引ったくったりしませんよね。
  • プレゼントが渡された瞬間に、ぐいっと引き寄せたりもしませんよね。

 

そんな失礼なことはせず、渡されたのを二人で確認してから受け取ることでしょう。

 

PPになる動きも同じです。

PPは男性からの素敵なプレゼント思ってみましょう。❣

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

#180 ワルツのフィガー 11.オープン・インピタス・ターン...   #180 ワルツのフィガー 11.オープン・インピタス・ターン(Open Impetus Turn) ナチュラル・ターンの前半3歩から続けて入るこのフィガーはスローから転用されたようです。ここでのオープンとは最終歩の形がPPになることで、PPにならず閉じたままで踊るのは単...
#047 スロー・レッスン雑学(前編) #047 スロー・レッスン雑学(前編) (Slow Foxtrot Trivia) ダンスビュウ2017年2月号に「スロー・フォックストロット雑学」という記事を書かせていただきました。そこで、当時の原稿に少々手を加えて、ここにお届けしようと思います。   ✅フェ...
#171 ルンバのフィガー 17.スパイラル...   #171 ルンバのフィガー 17.スパイラル(Spiral) オープニング・アウトの最後につなげるフィガーとしてお馴染みですが、基本の踊り方はどうなのか、特に終わる方向に注意してください。あなたの想像通りかもしれませんし、ちょっと違うかもしれませんね。  &...
#033 タンゴのフィガー 6. フォー(ファイブ)・ステップ...   #033 タンゴのフィガー  6. フォー(ファイブ)・ステップ(Four/Five Step) タンゴ講座、6番目に勉強するのは誰でもが大好きなファイブ・ステップ。このステップはフォー・ステップから発展したものですが、ファイブ・ステップの格好良さに押されてか、登場機会を...