#315 ワルツのフィガー 24.ランニング・スピン・ターン

 

#315 ワルツのフィガー
24.ランニング・スピン・ターン(Running Spin Turn)

「足型図でうまくなるダンス(ワルツ/クイックステップ編)」(神元誠・久子著/白夜書房)から「サークルで上達するボールルーム・ダンス」に含まれていないフィガーをアップします。

ナチュラル・スピン・ターンの発展系で、ダイナミックな動きが私たちを魅了します。まずはコーナーで踊れるように練習し、それができるようになったなら、4歩目の回転量を大きくし、LODに沿って踊ってみましょう。

 

‼ 必読 #025 「足型図」の読み方でワンランク上に!
‼ 必読 
 #265 内回りと外回りを理解すると上手になる 

 

■「足型図でうまくなるダンス」(ワルツ/クイックステップ編)
ランニング・スピン・ターンの頁を開きましょう。

Download (PDF, 500KB)

 

【ここに気をつけましょう】
カウントは(123 1&23)です。(&)カウントは、その前のカウントから半分貰いますので、4歩目と5歩目は(1/2、 1/2)の長さになります。

 

❖アマルガメーション例

  1. シャッセ・フロム・PP ~ ランニング・スピン・ターン ~ (アウトサイドに)アウトサイド・チェンジ
  2. (中央斜めに)右へのプログレッシブ・シャッセ ~ ウィーブ・エンディング ~ (壁斜めに)ランニング・スピン・ターン ~ (アウトサイドに)アウトサイド・チェンジをPPで終わる

 

 

■参考動画1 ランニング・スピン・ターン(YouTubeより)
ミルコ&アレッシアが「ランニング・スピン・ターン ~ アウトサイド・チェンジをPPで終わり ~ シャッセ・フロム・PP」を踊ります。

📌元映像はDSI社から発売されているDVD  “A Technique of Advanced Standard Ballroom Figures” (Geoffrey Hearn / DSI) (日本語吹き替えあり)です。プロ、競技選手、熱心なダンサーにお勧めします。同名のテキストに関してはこのブログを参考にしてください → もう一つのアドテク

ハッピー・ダンシング!

 

 💖サークル活動のひとコマ

当時の世界チャンピオン、リチャード&ジャネット・グリーブさんのデモ。買ったばかりの Sound 8 で必死に撮影しました。(1980~82年頃札幌にて撮影。8ミリカメラ)

 

Related Post

#164 スロー・フォックストロットI/アマルガメーション2...   #164 スロー・フォックストロットI/アマルガメーション2 拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス」ではスロー・フォックストロットをIと IIに分け、Iの中で3つのアマルガメーション例と、そこで使用されるフィガーの説明をしています。スロー・フォックストロットIからア...
#202 ワルツのフィガー 17.リバース・コルテ...   #202 ワルツのフィガー 17.リバース・コルテ(Reverse Corte) 派手さはありませんが覚えておきたい基本のフィガーです。後半にクローズド・チェンジの動きが含まれていますが、そこをバック・ウィスクに置き換える方が一般的になってしまいました。その踊り方はバック...
#337 昭和の本が紹介するダンス上達法...   #337 昭和の本が紹介するダンス上達法 すでにこのブログで何度か取り上げている「社交ダンスの踊り方」(玉置真吉著/大泉書店/弐百円)。昭和33年(1958年)発行のダンスの本が紹介するダンス上達法を記録として残しておこうと思います。当時のアーサー・マレー(Arthur M...
#061 ケニー・ウェルシュのレクチャー “Artistry in Dance̶...   #061 ケニー・ウェルシュのレクチャー "Artistry in Dance" (2009)   先日(2018年2月26日)WDC公認・JDC Tokyo Congressが開催されました。 場所: 東京都立産業貿易センター台東東館7階南側 講...