#363 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと(その20.難しいのはあなたの古い習慣)

 

#363 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと
(その20.難しいのはあなたの古い習慣)

今日はジェレミーさんの最後の問いについて見て行きましょう。その前に ―― 


 

4つの問いとは ―― 

①脳はどのように筋肉に働きかけていますか?
②意図した動きをしたかどうか、どうしたら分かりますか?
③その時々の自分の空間をどうやって認識できますか?
④必要最低限の緊張しか使わなかつたことが、どうやって分かりますか?

 

ダンス――遥かに上手くなるための秘訣(Dance Wing 56,6回目最終記事より)

 

 

④必要最低限の緊張しか使わなかったことが、どうやって分かりますか?

いよいよ連載の終わりに近づいてきましたが、まだまだお伝えしたいこと、経験して頂きたいことがたくさんあります。アレクサンダーは自分の発見を教え始めたとき、非常にストレスを感じました。人に感じ方を伝えることが不可能ではないにしても、非常に難しいと感じたからです。

その大きなストレスを解消すべく、彼は手を使い始めました。手で情報を直接ボディ・スキーマに送り込むことで、ボディ・イメージを迂回することができるようになったのです。言い変えれば、教えている間、彼の手が相手のボディ・イメージの代わりをしたのでした。

ここでアレクサンダー・テクニークのレッスンを簡単に紹介しますので、今までの記事も参考にしながら、自分でやってみてください。時間は掛かるかもしれませんが、根気よくやれば大丈夫です。また、一人でも、ボデイ・チヤンスの先生と行っても、やることは同じです。

 

1. はじめに、ダンスが上手くなるために、これをしたいという対象を決め、それをビデオに撮ります。ボディ・チャンスの先生と一緒のときは、それをやって見せましょう。

2.自分の動きを観察し、軸骨格と付属肢骨格(前号参照)の観点から分析します。動きの意図がどこか、今どんな問題に直面しているかを分析します。

3. 次に、新しいボディ・イメージでこの実験をすると決心します。アレクサンダー・テクニークの先生と一緒の場合、先生は新しいボディ・イメージを理解させるために手を使うかもしれません。

 

そして、ステップ1に戻ります。今度はステップ3でできるようになった新しい動きの探求からスタートします。簡単に話していますが、その通り簡単です。私の先生、マージはよく話していました。「これは簡単。難しいのはあなたの古い習慣なの」 と。

(「ダンス――遥かに上手くなるための秘訣」最終記事から)

 

 

 

ダンスウイングにこの記事が掲載されていた頃の事です。サークルで教えている女性が自転車事故か何かで鎖骨を骨折し、何か月か休んでいた時期がありました。その彼女が怪我から復帰すると、踊りがグングン上手になっていき、私たち夫婦を驚かせたことがあります。

怪我する前のレベルに戻すのも大変な事なのに、ブランクを全く感じさせず、前のレベルをスイスイ通り過ぎて行くのです。それは、普通の自転車から電動自転車に乗り換えたような感じでした。

驚く私たちに彼女はニコニコしながら、

「あの記事が役に立っている」と話してくれました。

その記事とは、「ダンス ― 遥かに上手くなるための秘訣」。

 

彼女は病院での待ち時間の間、それを繰り返し読んでいたと言います。

 

驚きました。

彼女は一流スポーツマン同様、怪我をプラス要因に変えてしまったのです。動けない時間を使って動きの原理を学び、それまでより動ける自分へと。

 

次回は、ジェレミーさんの最後のメッセージをお届けします。

(つづく)

 

📌BODY CHANCE – アレクサンダー・テクニーク

 

 

Related Post

#012 Q&A リーダーの「腰が引ける」のはなぜ?...   #012 Q&A リーダーの「腰が引ける」のはなぜ? 質問: リーダーの腰が引けて離れることが多々あります。コンタクトが離れずに踊れたらいいなと思っているのですが、アドバイスをお願いします。(女性) 回答: お二人の実際の踊りを見ないと本当の原因は見つ...
#203 ワルツのフィガー 18.バック・ウィスク...   #203 ワルツのフィガー 18.バック・ウィスク(Back Whisk) リバース・コルテ前半からバック・ウィスクに入る形があまりにもポピュラーなため、あたかも一つのフィガーに考えられがちですが実は別々のフィガーなのです。前後のフィガーを研究し、他の組み合わせでも使える...
#094 ルンバのフィガー 3.ニュー・ヨーク...   #094 ルンバのフィガー 3.ニュー・ヨーク(New York) ニュー・ヨークはとてもポピュラーなフィガーで名前も覚えやすいので助かります。フィガーの意味として「ニュー・ヨーカーの略でブロードウェイに住む粋な連中のこと」という説を見たことがあります。 そのためか...
#031 タンゴのフィガー 4.ロック・ターン...   #031 タンゴのフィガー 4.ロック・ターン(Rock Turn) ロック・ターンは、この講座でこれから出てくるナチュラル・プロムナード・ターンからつなげて習う場合があります。そのように、ひとつのパターンとして覚えると便利な点もありますが、単独フィガーとして勉強するのも色々な発見...