間もなく再開

 

暫くの間、記事の更新をしていませんでしたが、間もなく再開する予定です。

実は、2月25日(月)にJDC主催のコングレスがあり、その通訳のお仕事をしてきました。

開場は日暮里の「ファーストプレイス東京」。講師陣は

  1. クリストファー・ホーキンス
  2. ユッカ・ハパライネン
  3. アレッシア・ベッティ
  4. ラルフ・レピーネ
  5. マーカス・ヒルトン
  6. マイケル・ウェンティンク

テーマは “How To Make A Connection With The Audience”で、持ち時間は一人45分。

当然初めて聞く話なので一発勝負の通訳です(ホーキンスさんは日本語でレクチャー)。

どんな話になるか全く予測がつかない中、今年に入ってから自分なりに考えうる準備をしてきました。それで、記事を書く余裕がまったくありませんでした。

努力は報われることもありますが、必ずしもそうならないこともあります。残念なことに今回の通訳は決して出来の良いものではなく、参加してくださった方々に申し訳なく思っています。

 

その通訳という私の中の一大イベントが終わりましたので、再び、「私のダンスノート Part 2」の記事を書き始める準備をしています。お楽しみに!

ハッピー・ダンシング!

 

目次

Related Post

#314 ワルツのフィガー 23.ドラッグ・ヘジテイション...   #314 ワルツのフィガー 23.ドラッグ・ヘジテイション(Drag Hesitation) 「足型図でうまくなるダンス(ワルツ/クイックステップ編)」(神元誠・久子著/白夜書房)から「サークルで上達するボールルーム・ダンス」に含まれていないフィガーをアップします。 IST...
#060 マンボ・チャチャチャの歴史(昭和の本が紹介するマンボ・チャチャチャ)...   #060 マンボ・チャチャチャの歴史 (昭和の本が紹介するマンボ・チャチャチャ) すでにこのブログで何度か取り上げている「社交ダンスの踊り方」(玉置真吉著/大泉書店/弐百円)。昭和33年(1958年)発行のダンスの本がどのようにマンボを紹介していたかが興味深く、記録として...
#285 誰?(ある意味ラテンの極意)   ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げます(全30話)。第29話は「誰?」のコラムです。  ...
#301 スローのフィガー 14.ホバー・テレマーク...   #301 スローのフィガー 14.ホバー・テレマーク(Hover Telemark) 「足型図でうまくなるダンス」(タンゴ/スロー・フォックストロット編)から「サークルで上達するボールルーム・ダンス」に含まれていないフィガーをアップします。   覚えるのも簡...
2019-02-27 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 神元