#371 きちんと上手になるために その3.秘密の練習1

 

「長年踊っているのに一向に上達した気がしない」、「色々なステップを習うけれどパートナーが変わったら通じない。サークル以外の人とも踊れない」 ―― そう考えている人はいませんか? それは、たくさん踊ることやたくさんステップを覚えること上手になることは全くの別物だからです。そして、この事実に早く気づいた人が、その分早く、自分の踊りを美しくすることができるのです。

 

#371 きちんと上手になるために
その3.秘密の練習1

 

自力でグ~ンと上達する練習法をあなただけに公開しましょう。秘密ですよ。

しかも前後に3歩歩けるスペースがあれば充分ですから、どこででも練習可能です。会社勤めの人ならトイレに立った時に、主婦(主夫)なら家事の合間に練習することもできます。確実に上達できる方法です。

こんな風に書いてしまえば、もはや秘密ではないと思われるかもしれませんが、いいのです。これをやるかやらないかが問題なのであって、この上達方法を知っていても、やらなければ知らないに等しいからです。あなたがコツコツ練習すれば充分 “秘密” に値します。(「サークルで上達するボールルーム・ダンス」より)

 

 

⬛秘密の練習1  

さっそく秘密の練習を公開しましょう。そのひとつ目が「トウだけで」歩く練習です。

 

1⃣まず両足のトウに上がります。

目的は、自分の真っすぐの状態を知ることにあります。腰が引けていたり、顎が出ていたりするとトウに真っすぐ立つのが難しいのが分かると思います。そこでトウに立とうとすればするほど、なるべく中心に体を集めようとするので、その結果、バランスの良い位置を探すことになります。膝は突っ張らないようにします。

そのようにしてバランスの良いところを探して行くと、頭が体の上に真っすぐ乗っていなければならないとか、目を下に向けるとバランスが崩れることなどが分かって来ます。これがとても大切なことです。

 

2⃣左足前進

両足トウに立ったなら、そのバランスをキープしながら

  1. 左足トウを前に出し、一度両足が開いた形になりましょう。ほんの少し体重を前後に動かしながら、両足の中間バランスを探します。
  2. 両足開いた状態でバランスが取れたのを確認した後、体重を前足に完全に移し、次に右足を前に出して再び中間バランスを探します。
  3. 要領が分かったら2、3歩連続して前進してみましょう。

 

3⃣トウで後退

後退も2⃣と同じ要領で練習します。終始トウに上がっていることを忘れないように。

 

😃たったこれだけ!

 

⬛応用編

1⃣斜めの動きを加えましょう。

左斜め/右斜めに前進/後退の4パターンを加えます。

 

2⃣横への動きを加えましょう。

左と右へ、シャッセの要領で横歩きをしましょう。

 

😃たったこれだけで、上手くなります!

 

 

⬛成果はここに現れる!

🔴間違いなくライズが上手になります

「スタンダードで両足トウに同時に上がることはないよね」と考える人もいるかも知れません。その通りですが、片方の足に一気にライズすることもありません。必ずその前の足からライズが始まっています。ですから、この練習で間違いなくライズが上手になりますよ。

両足トウに上がる際、ただヒールを上げることを考えるのではなく、「体全体が美しく軽やかに」ライズするにはどうすれば良いかを考えながら行いましょう。ライズする方法に関しては、この記事も参考にして下さい。(→ Q10. なかなかつま先で立てず、立てても持続ができません。持続させるにはどうすればいいでしょうか。 (神奈川県 女性)

 

🔴両足を開いて中間バランスを確認すれば、特に:-

  1. PPで両足を開いた瞬間の形がしっかりします。
  2. 例えば、ワルツのシャッセ・フロム・PPやナチュラル・スピン・ターン最後のように、両足が開いた形が綺麗になります。

 

🔴間違いなく姿が美しくなります

なぜなら、ライズする練習でボディにトーンが出るからです。

 

さあ、「こんなことで…」と疑っている人も、「自分は大丈夫」と自信のある人も、このシンプルな秘密の練習をやってみて下さい。必ずや、レベルアップした自分と出逢うことでしょう

 

 

【関連記事】

  1. #265 内回りと外回りを理解すると上手になる 
  2. #025 「足型図」の読み方でワンランク上に!

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

#124 ブルースのフィガー 8.トゥインクル...   #124 ブルースのフィガー 8.トゥインクル(Twinkle) これはトゥインクルと呼ばれるフィガーの基本形です。単純なステップですが、的確なリードができるようになるまで多少時間を要するかも知れません。トゥインクルには踊りにおける軽快な足捌きの意味があります。 ...
#099 ルンバのフィガー 7.ファン   #099 ルンバのフィガー 7.ファン(Fan) ファン・ポジションは知っていても、ファンの踊りを知らない人が結構います。実際、知らなくともやって行けるのですが、知っている方が豊かかも知れません。    ファンの意味はご存知の通り『扇、扇子、うちわ』ですが、辞書を改...
#241 サンバのフィガー 22.トラベリング・ボタフォゴズ...   #241 サンバのフィガー 22.トラベリング・ボタフォゴズ(Travelling Bota Fogos) 男性が後退する形で紹介しますが、男女共通のフィガーなので男女入れ替えて踊ることもできます。つまり、後退する人は後退のトラベリング・ボタ・フォゴズを踊り、前進する人は...
#212 サンバのフィガー 3.サンバ・ウォークス...   #212 サンバのフィガー 3.サンバ・ウォークス(Samba Walks) 正式にはサンバ・ウォークス・イン・PP(Samba Walks in Promenade Position)とかプロムナード・サンバ・ウォークス(Promenade Samba Walks)...