#377 ルンバの歴史

Spread the love

 

#377 ルンバの歴史

ルンバの歴史をこのブログに記録しておきます。まずは、前置きから。

🔷音楽はラテンのバラード形式の4/4 拍子で、1分間に28小節くらいのテンポで演奏されます。基本のリズム:234(1)、234(1)で1にアクセントがあります。

🔷本来のルンバは、200 年ほど前にスペインからキューバに輸入されたアフリカ人奴隷によってもたらされたといわれています。公然と踊るにはあまりにも乱れていると、キューバでは次第にその踊りを禁止しました。時が経つにつれて禁止令は忘れ去られて、1920 年代に少数の人たちが踊り始ることで、人々はルンバの踊りの存在に気づき始めたのでした。

1925 年に再びマチャド大統領より出された禁止令には次のように書かれていました —— 「(アフリカの音楽を指しながら)この種の音楽と‘ルンバ’の踊りはキューバのすばらしい社会習慣や規律に反するものである」と。いずれにせよ、ルンバはあまりにも淫らで熱狂的過ぎたためキューバの上流階級では踊られなかったことが記録として残っています。

🔷ルンバの語源はスペイン語のルンボ(rumbo)で、「大酒盛りをして楽しむ、浮かれ騒ぎ、ばか騒ぎ」の意味ようです。(Online Etymology Dictionaryより)

 

 

■昭和の本が紹介するルンバ

「社交ダンスの踊り方」(玉置真吉著/大泉書店/弐百円)。昭和33年(1958年)発行のダンスの本が紹介するルンバが興味深いので記録として残しておこうと思います。PDFでお読みください。

Download (PDF, 366KB)

 

 

【関連記事】

#093 ルンバの源流を旅する

 

ハッピー・ダンシング!

Related Post

#319 クイックのフィガー 20.フォー・クイック・ラン...   #319 クイックのフィガー 20.フォー・クイック・ラン(Four Quick Run) 「足型図でうまくなるダンス(ワルツ/クイックステップ編)」(神元誠・久子著/白夜書房)から「サークルで上達するボールルーム・ダンス」に含まれていないフィガーをアップします。 一見する...
#163 クイックのフィガー 8.クイック・オープン・リバース...   #163 クイックのフィガー 8.クイック・オープン・リバース(Quick Open Reverse) まず、このフィガーが3歩から成り立っていることを理解しましょう。4歩目からはプログレッシブ・シャッセですから、初めの3歩に集中すれば良いわけです。 他の多...
#336 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと(その4.体に悪いことを知らずにしている)...   #336 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと (その4.体に悪いことを知らずにしている) 前回は「ボディ・チャンスの7つの原理」から、第1の原理「すべての動きは相互依存の関係にある」を見てきました。今回は第2の原理「有害な動きは概ね知らないうちに行われている」に入り...
#310 シャドーの練習方法   #310 シャドーの練習方法 ボクサーが一人で戦う練習することをシャドーといいますが、ダンスの場合でも一人で踊る練習のことをシャドーといいます。シャドーはステップの確認、アラインメントのチェック、バランスを見極めるための有効な方法です。英語では「一人で踊る」という表現の方が多い...