#383 ワルツのフィガー クローズド・ウィング

Spread the love

 

#383 ワルツのフィガー
クローズド・ウィング(Closed Wing)

男性が1歩ステップし、次の足を寄せる間に女性は3歩ステップする、完全に女性主役のフィガーです。ですから男性は2~3にかけて女性を右から左に「持って行く」などと失礼なことは思わず、ホールドを柔らかく保ち、宝物を扱うような気持ちで静かにリードします。

通常PPから始まるフィガーには、シャッセ・フロム・PPやウィーブ・フロム・PPのように、「フロム・PP」が付いていますが、ウィングには付いていません。なぜかは分かりませんが、その代わり、このPPから始めない(即ちスクエアで始める)「クローズド・ウィング」があります。

 

■クローズド・ウィング(Closed Wing)
以前に翻訳していたポピュラー・バリエーションの踊り方を紹介しましょう。PDFを開いて下さい。

Download (PDF, 64KB)

 

🔷入り方:クローズド・ウィングはシャッセ・フロム・PPの最後でスクエアになり、次に男性がアウトサイドに出るところから入ることが出来ます。そのため、参考動画1のスタートでは女性が男性のアウトサイドにいます。

その他、アウトサイド・チェンジ、ベーシック・ウィーブ、ウィーブ・フロム・PP、ターニング・ロック、クローズド・テレマークなどをイン・ラインで終わった後から入ることができます。

 

⬛参考動画1 (New ABC of Ballroom / Studio Himawari)

 

⬛参考動画2(How to Dance Series 2 /Waltz Grade 3 / UFO Production )
ピーター・エグルトン&ブレンダ・ウィンスレード(Peter Eggleton & Brenda Winslade)の踊りで見てみましょう。クローズド・ウィングが5番目に出て来ます。ウィーブ・フロム・PPの4歩目、女性が男性のアウトサイドに出たステップを(1)とし、クローズド・ウィングをカウント(23&)で踊っています。この踊り方も素敵ですし、後続のレフトサイド・チェックで方向転換するのも洒落ています。

(動画アマルガメーションは下に記載。※8㎜フィルム → PC保存の間に音ズレが起きています)。

( Waltz Grade 3 / UFO Production )

  1. 1-3 Natural Turn (123)
  2. Open Impetus Turn (123)
  3. 1-4 Weave from PP (1231)
  4. Closed Wing (23&)
  5. Left Side Check (123)
  6. Natural Spin Turn (123456)
  7. Reverse Pivot (&)
  8. Double Reverse Spin(123&)
  9. Open Telemark (123)
  10. Natural Fallaway (Turned to R) (123)
  11. Chasse to Right (DW) (12&3)
  12. Contra Check to PP (123)
  13. Chasse from PP (12&3)
  14. 1-3 Natural Turn (123)
  15. Outside Change to PP (123)
  16. Wing (123)
  17. Closed Telemark (123)
  18. 1-3 Natural Turn (123)
  19. Chasse to Right (12&3)
  20. Fallaway Whisk to (123)
  21. Turning Lock (1&2)
  22. Side Lock (3&)
  23. Open Telemark (123)
  24. Left Whisk (123)
  25. Chasse to Right (123&)
  26. Open Finish (123)
  27. Natural Spin Turn (123456)
  28. Overturned Turning Lock (1&23)
  29. Cross Hesitation (123)
  30. Lunge (DC) (1)
  31. Open Finish (23)
  32. Chasse to Right (12&3)
  33. Contra Check DW to (1)
  34. PP DC new L0D (23)
  35. 1-3 Weave from PP (123)
  36. Outside Spin (123)

Commence again from Code No.1

 

拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス」のウィングの所で、「女性が優雅に移動する間、スカートが波打ちますが、ウィングには『翼』の他、そうした『ひらひらした動き』の意味もあります」と書きました。

後年、「ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」( “The Irvine Legacy” , Oliver Wessel Therhorn著)神元誠・久子翻訳白夜書房 2011年出版)を翻訳した時、このフィガー名が「親鳥がひな鳥の上に翼を広げている様子からつけられた」ことを知りました。

ダンステクニック

ハッピー・ダンシング!

 

 

Related Post

#243 リズムを理解し変化をつける   #243 リズムを理解し変化をつける(Rhythm Exercise) どんなアマルガメーションでも、いつもいつも教わった通りに踊り続けていていると、ふとした瞬間に、それに「飽きてしまった」感じがしたり「変化を求める」自分に出合った経験はありませんか? 「変化」が欲し...
#079 ジルバのフィガー 5.チェンジ・オブ・ハンド...   #079 ジルバのフィガー 5.チェンジ・オブ・ハンド(Change of Hands) 「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」では「チェンジ・オヴ・ハンズ」と英語の発音に近いカナ表記を採用していました。拙書執筆時は、まさか、その後も何冊も本を書くことにな...
#285 誰?(ある意味ラテンの極意)   ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げます(全30話)。第29話は「誰?」のコラムです。  ...
#009 ブルースのフィガー 4.チェック...   #009 ブルースのフィガー 4.チェック(Check) 初心者が最初に覚えたい4つのステップの最後のステップです。 前進から後退、あるいは後退から前進に切り替えるフィガーをチェック、またはチェック・ステップと呼びます。人とぶつかりそうになったり、進行方向を変えたり...