#421「魔法の言葉」第1章3話「ヒールの話」

Spread the love

 

#421「魔法の言葉」第1章3話「ヒールの話」

どこかの誰かのダンスに役立つことを願い、「社交ダンスがもっと好きになる魔法の言葉」(神元誠・久子著/白夜書房 2017年)を公開しています。

 

😀このコラムは「社交ダンス情報メディアおどりびより」の「秘密のポケット第14話 ヒールの話 前編」と「秘密のポケット第15話 ヒールの話 後半」でも読むことが出来ます。

 

 

 

 

⬛体に関する11の話(第3話)ヒールの話

 

トウの話の次はフットワークが気になっている人に役立つかもしれない、ヒールの話です。

下図の左矢印はヒール(=踵骨)を指しています。

スタンダードでヒールから出るとき、この踵骨を使おうとするのは極めて自然な感覚です。

だって、ヒールですから(笑)!

 

 

ある夜、散歩していて

 

ヒールからの前進は踵骨を意識しなくてもいいんじゃない?

 

との話になりました。

 

「足首の関節(上図右矢印)から出ようとすると、自然に踵骨が先に着く」からです。

 

そこから、

 

ヒールから出て後ろに倒れる感じがする人は、もしかすると、下腿骨と足の骨がL字のイメージ(下図)があるのかもしれない

 

と、話が展開。

h

実際には、足首の関節はヒールの上ではなく、もっと中央近くになるからです。

 

そうして、二人で「足首の関節」を意識して歩くと、今までと違った感触が!!

 

そのとき私は、ヒール部分が丸くなっているMBTの靴を履いていたので、前進するときは体重がヒールをするりと通り抜け、足首の関節にかかっていく感じでした! 

 

なんと面白いことでしょう! 

 

それで、帰宅してからMBTのことを調べてみました。

 

 

 

 

(以下はMBTのHPから転載)

MBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)は1996年に誕生しました。

 

私たちは「自然の不安定さ」=「路面の多様性」が人間の健康に対して確実に目覚ましい効果をもたらすことに気づき、このフットウェアを開発したのです。

 

私たちはマサイの人々が驚くほどしなやかな身のこなしで、自然の不均一で多様性に富んだ路面を歩く姿を観察し、この事実を発見しました。

 

どう考えても、人間の身体は近代化された社会の硬く平らな路面の上に立ち、そこを歩くようには創られていない――彼らの身体の動きを目の当たりにして、私たちはそれを実感したのです。

 

こうして私たちは、まったく新しいフットウェア、つまり、軟らかく不均一な地面での歩行を再現できるフットウェアを開発しました。

 

その機能と効果は劇的かつ画期的でした。MBTは今では世界35カ国以上で販売さています。そしてこのフットウェアを日常生活で使用すると、そのトレーニング効果によって健康的な生活が導かれることを、多くの熱心なご愛用者の皆様に証明していただいています。

 

  • MBTは全身の筋肉を活性化しその協調性を向上させます。
  • MBTは足だけでなく全身に優れたトレーニング効果をもたらします。
  • MBTは起立時及び歩行時のカロリー消費を増加させます。
  • MBTは以上のようなトレーニングを促すため、健康増進に効果的です。

 

(以下はMBTネット販売サイトの情報)

MBTシューズは、踵がグニャグニャでかなり不安定な構造になっています。

 

一本歯の下駄や竹馬みたいなものと同じで、骨盤をしっかりと起こして身体全体でバランスを取って立ち姿勢を維持しなければなりません。従ってMBTシューズを履いて立っているだけでもエクササイズになります。

 

* * *

 

 

 

MBTとつるんでいる訳ではありませんが、「ヒール」、「足首」、「自然の不安定さ」など、どれもダンスに直結する話で興味深いです。しかも、MBTの靴を買わなくても、一本歯の下駄や竹馬といった日本的なもので練習できる点もうれしいですね。

(写真は我が家にあるMarumitsu製のゲタ)。

 

話を戻しますが、ヒールから出るとき後ろに倒れた感じがする人は、足首の関節を出そうとしてみてください。

 

 

踵と足首の骨の位置を頭にインプット!

それだけで、踊りが変わることでしょう!

 

(「魔法の言葉」第1章3話おわり)

 

 

 

 

 

「社交ダンスがもっと好きになる魔法の言葉」が出版されるや、

 

🙍‍♂️🙋「このコラムを読んですぐにMBTシューズを買いました」という知らせが2名から来ました。

 

一人からは、「足の形状が変わり、バランスが良くなって驚いています!」との、興奮した知らせが届きました。

 

よかったです! 

 

踊っているとき、床に接しているのは足の裏だけですから、足の裏の感じが変わるのはとても重要なことです。

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

#364 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと(その21.大きな情熱があれば)...   #364 私とダンスとアレクサンダー・テクニークと (その21.大きな情熱があれば) ジェレミーさんの連載紹介も最後の最後になり、今回は彼の最後のメッセージをお届けします。   ダンス――遥かに上手くなるための秘訣(Dance Wing 56,6...
#300 タンゴの歴史(昭和の本が紹介するタンゴ)...   #300 タンゴの歴史 (昭和の本が紹介するタンゴ) すでにこのブログで何度か取り上げている「社交ダンスの踊り方」(玉置真吉著/大泉書店/弐百円)。昭和33年(1958年)発行のダンスの本が紹介するタンゴが興味深いのでく、記録として残しておこうと思います。(ほぼ原文のまま...
#267 耳を澄ませば(それで上手くなっちゃう)...   ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げて行きます(全30話)。第17話は「耳を澄ませば」のコラムを掘り下げ、(...
#103 チャチャのフィガー 1.オープン・ヒップ・ツイスト...   #103 チャチャのフィガー 1.オープン・ヒップ・ツイスト(Open Hip Twist) ルンバにも同名のフィガーが出てきました。それをチャチャの踊り方に変えれば出来上がります。   ■「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」 オ...