#415「16.タンゴ」

Spread the love

 

 

#415「16.タンゴ」

今回は「モダン・ボールルーム・ダンシング」から「16.タンゴ」をお届けします。個人的には最初に出てくるフィガーがPSSなのが興味深く思っています。

 

目次

 

 

16.タンゴ
(The Tango)

 

タンゴの基本の踊りには広いスペースを必要としませんし、初心者が習うにも大変シンプルな踊りです。音楽は2/4拍子(1小節に2拍あります)、ビートがはっきりしているので音は取り易いでしょう。フィガーの練習に入る前に、音楽を良く聞きビートに合わせて手を叩く練習をすると良いでしょう。

 

⚫ホールド:

タンゴのホールドは他の種目とは少し異なります。女性は他の種目のときよりも男性の右サイドに位置します。男性の右手はより深く女性に回すことで男性の右サイド、頭から足までは左サイドより少し前方になります。この形はタンゴの前進ウォークの特徴です。女性の左手は男性の上腕の少し上、後ろ側に起きます。男性の左手前腕と女性の右手前腕は少し自分たちの方へ向けて曲げます。

 

 

⚫前進ウォーク:

これはほとんど日常生活で歩くのと同じで、1歩1歩を自然な歩幅で歩きます。足の使い方は、はじめにヒールが床に着き、次に足全体(WF=ホール・フット)が床に着きます。1拍に対して1歩踏み‘スロー’とカウントされます。(注:タンゴでのクイックのステップは1/2拍です)1歩1歩は力強く、しっかりと踏み出します。これがとても大切なポイントです。

 

タンゴ・ホールドの形により、左足前進のステップはどれも僅かに上体を横切るようにステップし、右足前進のステップはどれもオープン・ポジション、即ち、上体を横切らない形でステップします。この正しい形を習得する方法として、左足前進では左膝の後ろ側が、前方にある右膝を触れながら通過します。右足前進では、右膝の前側が左膝の後ろ側を触れて出て行くようにします。同時に、両つま先が同じ向きになっているよう気をつけます。この時上体は僅かに左の方に向いています。このウォークを繰り返すと、わずかに左へカーブが描かれます。

 

 

⚫後退ウォーク:

これもできるだけ自然に行ないます。後退する足は常にトウが先に床に着き、次にボール、そしてヒールが着きますが、ヒールが床に着くのは、もう一方の足がその傍を後ろへ通過するときです。

 

タンゴ・ホールドの形から、右足後退のステップはどれも僅かに上体を横切るようにステップし、左足後退のステップはどれもオープン・ポジションになります。前進ウォークで述べたように、後退ウォークで正しい形を習得するには、右足後退では、右膝の前側が左膝の後ろ側に触れながら通過するようにし、また、左足後退では、左膝の後ろ側が右膝の前側を触れながら通過するようにします。当然の事ですが、こうした後退の動きを繰り返すと、わずかに左へカーブが描かれます。

 

 

⚫その他の特徴:

両足が閉じて終わるすべてのフィガーで(例、ロック・ターン、オープン・リバース・ターン、クローズド・プロムナード、そして、バック・コルテなど)二人が向き合って終わる時、男性の右足は左足の少し後ろへ置き、女性の左足は右足の少し前に置きます。プロムナード・ポジションでは、女性の左足は少し後ろに閉じます。

 

初心者用の簡単なルーティンをナチュラル・プロムナード・ターンの後に掲載しました。

 

 

⚫膝

普通に歩くときのようにステップするので、多種目のダンスの時よりも膝は緩んでいます。

 

 

 

 

 

 

書籍では、ここからフィガーの詳細になります。下の分割されたPDFを開くと書籍のページになります。

  • 足型図は原書と同じ様に私が描き直したものです。
  • (※)は拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス」で足型図付きで取り上げています。フィガーの勉強にはそちらも参考にして下さい。

 

 

⬛フィガーの説明1

1.プログレッシブ・サイド・ステップ(※)
2.ロック・ターン(※)
3.オープン・リバース・ターン、レディ・アウトサイド、クローズド・エンディング(※)
4.クローズド・プロムナード(※)
5.バック・コルテ(※)
6.ナチュラル・プロムナード・ターン(※)
7.ベーシック・リバース・ターン(※)
* タンゴ練習のための簡単なルーティン
8.オープン・プロムナード(※)
9.オープン・リバース・ターン、レディー・イン・ライン(※)
10.ナチュラル・ツイスト・ターン(※)

Download (PDF, 1.78MB)

 

⬛フィガーの説明2

11.プログレッシブ・サイド・ステップ・リバース・ターン(※)
12.左足のロック・バック(※PSSリバース・ターンの一部として)
13.右足のロック・バック(※右足後退のロック)
14.プログレッシブ・リンク(※)
15.プロムナード・リンク(※)
16.フォー・ステップ(※)
17.フォーラウェイ・プロムナード(※)
18.アウトサイド・スイブル(1)(2)(3)(※)
19.ブラッシュ・タップ(※)

Download (PDF, 1.52MB)

 

 

 

 

次回は「17.ヴィニーズ・ワルツ」をお届けします。

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

間もなく再開   暫くの間、記事の更新をしていませんでしたが、間もなく再開する予定です。 実は、2月25日(月)にJDC主催のコングレスがあり、その通訳のお仕事をしてきました。 開場は日暮里の「ファーストプレイス東京」。講師陣は クリストファー・ホーキンス ユッカ・ハパ...
#241 サンバのフィガー 23.クルザドーズ・ウォークス&ロックス...   #241 サンバのフィガー 23.クルザドーズ・ウォークス&ロックス (Cruzados Walks & Locks in Shadow Position) この素敵な踊りを小さなルーティンで紹介しましょう。様々な場面で使えますので、サンバの楽しみが大きく広がる...
#226 クイックのフィガー 13.ジグザグ...   #226 クイックのフィガー 13.ジグザグ(Zig-Zag) ジグザグを「ジグザグ ~ バック・ロック ~ ランニング・フィニッシュ」のアマルガメーションで覚えられた方は、この基本形を見てやっと名前と全貌が一致した気がしませんか?  ジグザグ単体のフィガーは現代の...
#094 ルンバのフィガー 3.ニュー・ヨーク...   #094 ルンバのフィガー 3.ニュー・ヨーク(New York) ニュー・ヨークはとてもポピュラーなフィガーで名前も覚えやすいので助かります。フィガーの意味として「ニュー・ヨーカーの略でブロードウェイに住む粋な連中のこと」という説を見たことがあります。 そのためか...