#417「18.ルンバ」

Spread the love

 

 

#417「18.ルンバ」

今回は「モダン・ボールルーム・ダンシング」から「18.ルンバ」をお届けします。

 

目次

 

 

18.ルンバ
(The Rumba)

ルンバのリズムは魅力的ですし、シンプルな形のフィガーは覚えるのも難しくありません。

 

 

音楽: 

2/4か4/4拍子で書かれていますが、4/4拍子と捉えるのが実用的で、1小節に4拍、1,2,3,4とカウントします。音の長さは次のようになります。

 

カウント

あるいは

音の長さ

  2  3   4-1
  Q  Q
  1  1

 

キューバン・ルンバの踊りでは、実際に足を動かすのは音の2,3,4で、1では横へのヒップ・アクションをコントロールして使います。

 

踊り始めの一番良い方法は、両足を少し開いて立ち、左足に体重をかけ(女性は右足に)ます。カウント1でとても小さく右足を横にステップし、次にカウント2で左足前進からベーシック・ムーブメントに入ります ― 女性は男性と反対の動きをします。この最初の1小節が踊れると、その後のリズムを保つ事は難しいことではありません。初心者はこの方法でスタートし、その後は、2,3,4-1とカウントする変わりに‘クイック、クイック、スロー’とカウントするほうが良いでしょう。本書では両方のカウントの取り方を載せています。

 

 

ホールド: 

サンバと同じホールドをし、上体は自然な形で真っ直ぐ立ち、両肩の力を抜きます。体重は両足のボールの上にくるようにします。‘オープン・ホールド’とは男女が向き合って離れて立ち、男性は左手で女性の右手を取ります。この時の腕は、腰の高さに保ち、肘は伸ばしきらないようにします。女性も腕をリラックスさせ、左手は自分の腰の高さより下がらないようにします。この女性の左手はフリー・ハンドと呼ばれ、男性がノーマル・ホールド(通常のホールド)をしようとした時は、いつでも男性の右肩に戻れる位置にあります。‘ファン・ポジション’とはオープン・ホールドで男女が離れ、女性は男性の左少し前に、男性に対し直角に、左足を後ろにして立った形です。この時男性は右足体重で両足を開いて立っています。

 

 

フットワーク:

すべてのステップはボールから床につき、直ちに柔らかくフラットになります。ヒールから出ることは決してありません。

 

 

テンポ:

ルンバは幅広いテンポに合わせて踊る事ができますが、競技会要には1分間に27小節の演奏が使われます。

 

 

リード: 

男性は女性に対しはっきり、かつ柔らかなリードを行ないます。このリードはあるフィガーから次のフィガーに入る時にのみ行なわれます。女性はリードを受けてフィガーに入りますが、リードを受けたあとは自分自身で踊りを踊ります。特にオープン・ホールドの場合はそうなります。

 

 

ヒップ・ムーブメント: 

殆どのベーシック・フィガーでは、カウント4-1にかけて僅かに左右へのヒップ・ムーブメントが使われます。これはカウント4(膝をやわらかく使ってステップする)の足の上に直ちには全体重が移動しないからです。その足の上に全体重をかけながら、カウント1で膝を伸ばし、同時にもう一方の膝が緩みます。この動きが僅かな左右へのヒップのスイングを作り出しますが、ここで強調しておかなければならない事は、そうした動きはわざとらしく行なうものではなく、膝を緩めたり伸ばしたりする事でかんじられるものなのです。膝を伸ばすのも柔らかく行い、両膝が突っ張る事はありません。

 

 

 

書籍では、ここからフィガーの詳細になります。下の分割されたPDFを開くと書籍のページになります。

  • (※)は拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス」で足型図付きで取り上げています。フィガーの勉強にはそちらも参考にして下さい。

 

 

⬛フィガーの説明1

1.ベーシック・ムーブメント(※)
2.プログレッシブ・ウォーク・フォワード(※)
3.プログレッシブ・ウォーク・バックワード(※)
4.ナチュラル・トップ(※)
5.ナチュラル・トップからのオープニング・アウト(※クロース・ヒップ・ツイスト1~3歩の動きです)
6.ファン(※)
7.クローズド・ヒップ・ツイスト(※)
8.アレマーナ(※)
9.サイド・ステップ

Download (PDF, 1.9MB)

 

 

 

⬛フィガーの説明2

10.クカラーチャズ(プレッシャー・ステップ)(※)
11.ホッケー・スティック(※)

12.リバース・トップ(※)
13.リバース・トップからのオープニング・アウト
14.オープン・ヒップ・ツイスト(※)
15.スパイラル(※)
16.ハンド・トゥ・ハンド(※)
17.スポット・ターン(※)

Download (PDF, 1.44MB)

 

 

次回は「19.サンバ」をお届けします。

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

#323 チャチャのフィガー 12.スポット・ターン...   #323 チャチャのフィガー 12.スポット・ターン(Spot Turn) 拙書「サークルで上達するボールルーム・ダンス(ラテン編)」、ルンバの足型図を参考にしながら説明をします。 ニュー・ヨークやハンド・トゥ・ハンドの後でよく使うフィガーです。一歩目で相手を勢いよく押す人...
#291 ”コルテ” の話をもう少し   #291 ”コルテ” の話をもう少し  #032 5. バック・コルテ の中で、ジェフリー・ハーン(Jeoffrey Hearn)氏からコルテの意味を「LODに対して切り開かれた空間のこと」と教わった話を書きました。 それを念頭に調べていた頃、「Visual Dict...
#303 スローのフィガー 16.フォーラウェイ・リバース&スリップ・ピボット...   #303 スローのフィガー 16.フォーラウェイ・リバース&スリップ・ピボット(Fallaway Reverse & Slip Pivot) 「足型図でうまくなるダンス(タンゴ/スロー・フォックストロット編)」(神元誠・久子著/白夜書房)から「サークルで上達するボール...
#012 Q&A リーダーの「腰が引ける」のはなぜ?...   #012 Q&A リーダーの「腰が引ける」のはなぜ? 質問: リーダーの腰が引けて離れることが多々あります。コンタクトが離れずに踊れたらいいなと思っているのですが、アドバイスをお願いします。(女性) 回答: お二人の実際の踊りを見ないと本当の原因は見つ...