#430 アメリカのサイトから手に入る資料、その2

Spread the love

 

アメリカのリチャード・パワーズ氏のHPについて記録しておきます。

 

#430 アメリカのサイトから手に入る資料、その2

アメリカのダンスの歴史家 Richard Powers 氏は自身のHP(http://richardpowers.com/)で多くの情報を発信しています。

 

 

Richard Powers氏略歴

Richard has been teaching historic and contemporary social dance for 40 years.  He leads workshops around the world and is currently a full-time instructor at Stanford University’s Dance Division. 84% of the 1,950 sources in my collection are the original editions.  8% are printed facsimile reproductions.  8% are digital scans.

 

 

ダウンロード資料

彼のHPから “El Tango Argentino de Salon ( Nicanor M. Lima, Buenos Aires, circa 1916)” 本をダウンロードしてプリントアウトしました。この中の「コルテ」に関する次の一節に興味があったからです。

 

(目次より)

Sentadas (Pauses in the walking, in a sitting posture (what others at the time called Cortes).

 

(本文より)

“SENTADAS” (スペイン語原書 P24、パワーズ氏の仲間による一部翻訳本 P43)

What are “sentadas”?       In the tango, we call “sentadas” all the figures that are done with a pause of half of a bar or a whole one and the feet can either be together (look at “sentada lateral”), crossed or with either one of them out to the front (“hacia adelante”) or to the back (“hacia atras”).      

Whatever figure the couple chooses, at no time will it take up more than two bars of the music or less than one.

In the sentadas that take up one bar, the figure takes up half a bar and the pause takes up half a bar as well.  In the sentadas that take up two bars, the figures take up 1 or 1 1/2 bars while the pause takes up one or half a bar, respectively.      

Sentadas can be made from any of the three dance positions and can include all the learned vectors, but when one does a “sentada hacia atras”, the other will be “hacia adelante” and vice-versa, always with the opposite foot and “lado” and resting the weight on the foot that is out a little to the front or a little to the back.      

The above will occur in the “en linea” or the “en paralelas” dance positions and the partner will only do the same sentada in the position of “en paralelas de avance” or ” de retroceso” even though the opposite foot and “lado” will be used.

 

 

The Tango Family Treeと「もちねこのペアダンス」

この記事も興味深く読みました(→ http://socialdance.stanford.edu/syllabi/tango_family_tree.htm  )。

 

「もちねこのペアダンス」という、この記事を翻訳して紹介している素晴らしいサイトがあることを知りましたので紹介します。興味のある方は訪問してください。他にも色々有益な情報に出会うことでしょう。

 

🔴トップページ「もちねこのペアダンス

🔴“The Tango Family Tree” の翻訳ページ

 

ハッピー・ダンシング!

 

Related Post

#292 読者からの質問【その3】(Q21-Q30)... かつての月間ダンスファン「読者専用フロア」に寄せられた質問と回答をまとめ、より細かな回答を用意しました。連載「サークルで上手くなっちゃって、ごめんなさい!」の「読者専用フロア番外編」も含みます。回答は「個人的にこう考えます。こういう方法・考え方もあります」というものです。同じ質問を抱いている人の...
#106 チャチャのフィガー 3.タイム・ステップ...   #106 チャチャのフィガー 3.タイム・ステップ(Time Step) タップ・ダンスにも同名のステップがあるかと思えば、とても難しい物理か何かの方面にも(この表現の方が難解?)タイムステップという用語が出てきます。そちらの方面での使われ方は分かりませんが、フィガーの意...
#274 道中、「茶所」はない(一服しない)...   ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げて行きます(全30話)。第20話は「道中『茶所』はない」のコラムを掘り下...
#156 ルンバのフィガー 12.プログレッシブ・ウォークス...   #156 ルンバのフィガー 12.プログレッシブ・ウォークス(Progressive Walks) プログレッシブ・ウォークスには前進と後退の両方あります。拙書のアマルガメーション(2)では、オープン・ヒップ・ツイストの3歩からこのプログレッシブ・ウォークスに繋げているの...