#286 あまりにも淋しい、知らんぷり

ダンスをしていると、「ちょっとしたこと」で一気にレベルアップした踊りになることが多々あります。そこで、拙書「パーティーはおまかせ」(入門・初心者向け)掲載のコラムを取り上げ、その「ちょっとしたこと」を更に掘り下げます(全30話)。第30話は「あまりにも淋しい、知らんぷり」の話です。

続きを読む

#119 チャチャのフィガー 10.フォロー・マイ・リーダー

 

#119 チャチャのフィガー
10.フォロー・マイ・リーダー変形バリエーション(Follow My Leader)

「フォロー・マイ・リーダーは、もはやどこでも見かけなくなった感があります。自然淘汰されつつあるこのフィガーをチェイス風に甦らせた踊りを見つけましたので、それを最後にお届けします」――そう拙書に書きました。2004年のことですが、今でもしっかりテキストに出ていますので、失礼なことを書いたかもしれません(笑)。

※文末にフォロー・マイ・リーダーの備忘録作成。

続きを読む

#118 チャチャのフィガー 9.ターキッシュ・タオル

 

#118 チャチャのフィガー
9.ターキッシュ・タオル(Turkish Towel)

ターキッシュは「トルコの、トルコ風の」の意味。日本語でトルコ・タオルと呼ばれるこのタオルは日本手拭と異なり、毛羽(けば)がループ状になったバスタオルのことで、フィガー名はこれを使って体を拭いている様子からつけられたと思われます。
(拙書では「ターキッシュ・タウェル」と表記しています)

続きを読む

#116 チャチャのフィガー 8.スプリット・キューバン・ブレイクスと発展形

 

#116 チャチャのフィガー
8.スプリット・キューバン・ブレイクスと発展形(Split Cuban Breaks)

楽しくて華やかで飽きのこない人気の高い踊りです。また、カウント的にキューバン・ブレイクスより少し楽に踊れると思います。

続きを読む

#115 チャチャのフィガー 7.スイートハート

 

#115 チャチャのフィガー
7.スイートハート(Sweetheart)

全部で30歩もありますから、記憶力に不安のある人はパスしましょう・・・それは冗談。同じパターンが続くので、なんてことないのです。(拙書では「スウィート」と表記しています)

続きを読む

#110 チャチャのフィガー 6.ショルダー・トゥ・ショルダー

 

#110 チャチャのフィガー
6.ショルダー・トゥ・ショルダー(Shoulder to Shoulder)

すぐに覚えられるフィガーです。二人の肩が優しく触れ合うような気持ちでシェイピングしてください。フィガー名は、「肩を触れ合って」とか「肩寄せ合って」の意味です。 

続きを読む

#109 チャチャのフィガー 5.キューバン・ブレイク

 

#109 チャチャのフィガー
5.キューバン・ブレイク(Cuban Breaks)

キューバン・ブレイクには、ホールドしないで向き合って踊る方法や、やはりホールドしないで「同じ方を向いて」踊る方法もありますが、拙書はリードが可能なホールドする方法を紹介しています。  続きを読む

#108 チャチャのフィガー 4.クロス・ベーシック

 

#108 チャチャのフィガー
4.クロス・ベーシック(Cross Basic)

ベーシックになぜクロスがついているかと言うと、ベーシックでは真っ直ぐ出すステップをクロスして出すからです。しかし、踊りの違いはもう少しありますので、その辺を勉強しましょう。     続きを読む

#106 チャチャのフィガー 3.タイム・ステップ

 

#106 チャチャのフィガー
3.タイム・ステップ(Time Step)

タップ・ダンスにも同名のステップがあるかと思えば、とても難しい物理か何かの方面にも(この表現の方が難解?)タイムステップという用語が出てきます。そちらの方面での使われ方は分かりませんが、フィガーの意味は「タイミングを計るステップ」、そんな感じです。正確なリズムが取れるようにとの考えから開発されたフィガーのようですから、きっとそうでしょう。

続きを読む

#105 チャチャのフィガー 2.ホッケー・スティック

 

#105 チャチャのフィガー
2.ホッケー・スティック(Hockey Stick)

男性の皆様へ。先行のオープン・ヒップ・ツイスト前半でフット・スリップ・シャッセを、後半でヒップ・ツイスト・シャッセを使い、このホッケー・スティックの前半ではロンデ・シャッセを使って見ましょう。かなり華やかな踊りになります。

続きを読む